ライセンスについて|ダイビングのことなら大阪のBIG BLUE

ライセンスについて

スペシャリティダイブ

ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー

ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー

タンクやスーツの種類によってウエイトを調整する知識から、BCDや呼吸をコントロールして水中で浮き沈みをしない状態、中性浮力がとれるテクニックを磨きます。安全面の向上はもちろん、水中撮影の際にもピタッと止まれるようになります。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習3ダイブ

水中ナビゲーター

水中ナビゲーター

海中で目標地に正確に向かうコンパス・ナビゲーションをはじめ、自然の目標物を確認しながら移動するナチュラル・ナビゲーションや、ナビファインダーを使いこなす技術を学びます。最短距離で安全に移動できることは大きな自信になります。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習3ダイブ

器材スペシャリスト

器材スペシャリスト

初めての購入から買い替え、さらにメンテナンス法や使いこなし方を知りたいダイバーなど、幅広いニーズに応えます。器材の構造やメンテナンス法を理解することで、使い勝手や信頼度も上がり、トラブルにも適切に対処できるようになります。

参加条件

スクーバ・ダイバー以上

コース内容

レクチャーのみ

 

ボート・ダイバー

ボート・ダイバー

ボートの種類とダイビングのスタイルに応じたエントリーとエキジットの方法、船上の人数と座る位置のバランス、船上で器材を着脱するコツなどをマスターします。遠いポイントに繰り出すボート・ダイブツアーも安心して楽しめるようになります。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習2ダイブ

 

水中ナチュラリスト

水中ナチュラリスト

水中生物の知識から、それらを傷つけない接し方、行動を妨げないテクニック、危険な生物に対する認識などを学びます。この海をあるがまま楽しむ水中ナチュラリストとして、海の自然環境に対する造詣を深め、観察能力のアップを図ります。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習2ダイブ

 

ドライスーツ・ダイバー

ドライスーツ・ダイバー

ドライスーツの着脱法から、給・排気バルブの操作法、適切なエアコントロール、取扱注意点、使用後や穴が開いた場合のメンテナンス方法などを学び、シーズンを問わず快適にダイビングできるドライスーツの使いこなしをマスターします。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習2ダイブ

 

プロジェクトAWARE

プロジェクトAWARE

現在、地球上の生態系はさまざまな危機に瀕しています。海という自然に接しているダイバーこそ、環境問題に高い関心を持ち、率先して環境保護に取り組まなくてはなりません。ここでは海の自然を少しでも守るにはどうすべきかを学びます。

参加条件

なし

コース内容

レクチャーのみ

 

AWAREーサンゴ礁の保護

AWAREーサンゴ礁の保護

サンゴ礁は地球最古の生態系であり、海洋生物にとっての大切な生息環境であるほか、沿岸の土地を侵食から守り、地球温暖化の要因である二酸化炭素を吸収します。このような計り知れない恩恵をもたらすサンゴ礁について詳しく学ぶコースです。

参加条件

なし

コース内容

レクチャーのみ

 

AWARE ー魚の見分け方

AWARE ー魚の見分け方

一般的な魚をカタチに応じて分類することで、魚を種別するコツを学びます。一見同じように映る魚たちも、そのカタチや特徴で系統立てて区別すると、明快な生態系ストーリーがあることがわかります。すると魚の名前もスムーズに覚えられます。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習2ダイブ

 

水中フォトグラファー

水中フォトグラファー

カメラの基本的な使い方から撮影の技術、フィルム特性などを学ぶほか、自然光とストロボ光の撮影、小さな生物を拡大し撮影するマクロ接写の技術などを習います。肉眼では気づかなかった世界まで写し取る水中写真ならではの再発見があります。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習2ダイブ

 

水中ビデオグラファー

水中ビデオグラファー

海中生物の音や動きをそのまま映像にし、興奮をリアルに再現できるのが水中カメラの魅力です。ここではビデオカメラの使い方から専用ハウジングにセットしての撮影法などを学びます。最終的には実際に海中で撮影し、15分の短編を制作します。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習3ダイブ

 

ダイバー・プロパルジョン・ビークル(水中スクーター)

ダイバー・プロパルジョン・ビークル(水中スクーター)

水中スクーターを使えば行動半径が格段に広がり、またその飛ぶように走る爽快感はやみつきになります。ここでは基本的な操作法から、安全深度、操作上の注意点、操作中の耳抜き法、浮力コントロール、メンテナンス法などを習得します。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習2ダイブ

 

ナイト・ダイバー

ナイト・ダイバー

夜の海に安全に潜る知識から、目的地にたどりつくコンパス・ナビゲーション、合図やライトの効果的な使い方、バディとコンタクトをとる方法などを学びます。夜の海では昼とはまったく違う幻想的な世界や生物の意外な生態に出会えるはずです。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習3ダイブ

 

ディープ・ダイバー

ディープ・ダイバー

水深18m以深の水中環境を知って、より安全にダイビングを行うための知識の習得を目的とします。潜る深度と時間を決める潜水計画の立て方、減圧理論、安全停止や浮上法もしっかり学びます。世界の屈指のポイントへの挑戦が可能になります。

参加条件

アドベンチャー・ダイバー以上

コース内容

海洋実習4ダイブ

 

マルチレベル・ダイバー

マルチレベル・ダイバー

潜水深度、時間、残留窒素の関係をはかるリクエーショナル・ダイブ・プラナー「ザ・ホイール」を使い、綿密な潜水計画の立て方と実践を学びます。これにより通常より長い時間ダイビングを楽しめるほか、ダイブコンピュータの理論も学べます。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習2ダイブ

 

ドリフト・ダイバー

ドリフト・ダイバー

ドリフト・ダイビングとは、潮の流れにのって水中を移動するダイビング方法です。体力の消耗も少なく、広い水域をラクに移動できます。ここではドリフト・ダイビングの注意点やエントリー&エキジット方法、シグナル器材の使用法などを学びます。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習2ダイブ

 

アルティチュード・ダイバー

アルティチュード・ダイバー

山岳地帯の湖など海抜300m以上の高所で潜るダイビングのこと。酸素が薄い高所での行動、淡水で潜るためのウエイト重量、ダイブテーブルの引き方、浮上の方法など、海洋と異なる注意点を、実際に高所でダイビングしながら受講できます。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

湖等での実習2ダイブ

 

エンリッチド・エア・ダイバー

エンリッチド・エア・ダイバー

通常の空気には酸素が21%含まれていますが、酸素を22%以上含んだ気体をエンリッチド・エアといいます。ここではエンリッチド・エアを使ったダイビングを習得。減圧不要限界を延長できるため、水中生物の観察や水中撮影がじっくりとできます。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習2ダイブ

 

サーチ(捜索)&リカバリー(回収)ダイバー

サーチ(捜索)&リカバリー(回収)ダイバー

ダイビング中に物を落とした時、それを探して水面に引き上げる技術をマスターします。発見場所の記憶方法から、再度その位置に戻るナビゲーション、引き上げ作業の方法や手順などを学びます。これを応用し海底地図を描けるようにもなります。

参加条件

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習4ダイブ

 

レック・ダイバー

ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー

レックとは「難破したもの」の意味で、レック・ダイビングとは沈船に潜ることです。棲みついた魚を観賞したり船内探索をしたりすると、夢とロマンが刺激されます。ここでは船中に張ったガイド用ロープをつたって移動するコツなどを学びます。

参加条件

アドベンチャー・ダイバー以上

コース内容

海洋実習4ダイブ

 

アイス・ダイバー

アイス・ダイバー

氷の下という極寒の地では、ダイバーの体温の確保だけでなく器材についても万全の対策が必要です。ここでは専用の特別な器材の使い方や、合図、連絡手段などを学び、エントリーした時と同じポイントからエキジットする方法をマスターします。

参加条件

アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー以上

コース内容

海洋実習3ダイブ

 

デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・スペシャルティ・ダイバー・コース

デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファー・スペシャルティ・ダイバー・コース

最初の部分のレベル1では、デジカメの準備をして、色調整をして写真を撮影するコツを学び、次のステップのレベル2では、さらに魅力的な写真の撮り方や、撮影後パソコンへのデータの取り込み方法や編集ソフトを使用した簡単な加工方法までも身につけられる内容です。

参加条件

オープン・ウォーター・ダイバー以上(スノーケラーの認定もあり)

コース内容

海洋実習2ダイブ(レベル1は1ダイブ/ダイブ1はプールでも可)


ページトップに戻る