有限会社ダックダイバーズ

ドライスーツで快適ダイビング体験!メリットを徹底解説

お問い合わせはこちら

ドライスーツで快適ダイビング体験!メリットを徹底解説

ドライスーツで快適ダイビング体験!メリットを徹底解説

2023/10/07

ダイビングは、海や川、湖などの水中世界を楽しむアクティビティーの一つです。しかし、水温が低い場合や長時間潜る場合、濡れたスーツで過ごすのはとても辛いものです。そこで注目されるのが、ドライスーツです。ドライスーツを着用することで、水中でも快適なダイビング体験をすることができます。この記事では、ドライスーツのメリットについて詳しく解説していきます。

目次

    1. ドライスーツの特徴とは?

    ダイビングにおいて、ドライスーツは欠かせないアイテムの一つです。ドライスーツは、その名の通り水を通さないスーツであり、その特徴は様々です。まず、ドライスーツは保温性が高く、水の中でも体温をしっかりと保ってくれます。また、防水性が高く、潜水中に水を浸透させないため、外気との温度差による体表面の冷却を防止できます。さらに、機能性も兼ね備えており、様々なポケットやファスナーがあり、必要な機材や小物類をすぐに手に取ることが可能です。ドライスーツにはトップエントリータイプとバックジップタイプがあり、着脱方法も異なってきますが、どちらも使いやすいです。ドライスーツは、ダイバー自身の身体サイズとグローブ、ブーツといった付属品との組み合わせが重要であり、正しいサイズの選択とフィッティングが必要です。選び方やサイズの確認は、ダイビングショップや専門店でアドバイスを受けることがおすすめです。

    2. ドライスーツがもたらすダイビングの快適さとは?

    ダイビングをする上で欠かすことができないのが、ドライスーツです。ドライスーツは素材が防水性に優れており、水に浸かっても中が濡れることがありません。このため、水温が低い地域でのダイビングに適しています。冷たい水中にいると体温が下がり、手足が冷えてしまい、体感温度が下がってしまうため、ダイビングそのものが危険で不快なものになってしまうことがあります。しかし、ドライスーツを着用することで、体温を保てるため、快適なダイビングができるようになります。また、ドライスーツは胴体周りに空気を入れて膨らませることができるため、浮力を調整することができます。そのため、体の位置を維持することができ、ダイビングの安全性にもつながります。さらに、水の中でも体を動かしやすく、潜水経験者であればより深く潜ることができます。ドライスーツは、ダイビングを快適かつ安全に行うために欠かせないものであり、プロのダイバーから初心者まで幅広い層が使用しています。

    3. 寒い水中でも温かい!ドライスーツの保温性について

    ダイビングをしていると、水温が低い季節や場所でのダイビングもあります。そこで活用されるのがドライスーツです。ドライスーツは、水の侵入を防ぎ、内部に空気を入れて保温性を高めることができます。 ドライスーツの保温性は、その素材や構造によって異なります。一般的には、素材にGORE-TEXやneoprene(ネオプレン)などが使用されています。GORE-TEXは、透湿性と防水性を兼ね備えており、通気性も高いため、汗や湿気を外に逃がしてくれます。一方、neopreneは、保温性が高く、フィット感も抜群で、スタイリッシュなデザインが魅力です。 ドライスーツの内部には、空気を入れて保温性を高めるためのバルブがあります。これを調整することで、体に適した温度に調整することができます。また、アンダースーツを着用することで、保温性を更に高めることも可能です。 寒い水中でも、ドライスーツの保温性によって、体が温かく、快適にダイビングを楽しむことができます。適切な素材や構造、アンダースーツを選ぶことで、より象のダイビングを楽しめるでしょう。

    4. ウェットスーツとの違いは?ドライスーツのメリットを比較

    ダイビングには、水中で体温を保つ目的で使用されるウェットスーツが一般的に使用されていますが、最近ではドライスーツも人気です。ウェットスーツは、水の中で着用すると身体に密着し、水を貯めることによって絶え間ない保温性を提供することができます。ドライスーツは、内側を完全に乾燥させることができ、同様に保温性を維持することができますが、水に浸した際に着用者の身体温度を下げません。 ドライスーツの最大のメリットは、水中での保温性能の向上です。ウェットスーツが水を被った場合、中間の空気層が流出して体温が下がります。しかし、ドライスーツでは完全に乾いているため、水温に関係なく着用者の体温を維持することができます。また、水中での作業にも適しています。天気が悪く湖や海が荒れている時でも、ドライスーツを着用すれば外気からの影響を受けずに潜ることが可能です。 ただし、ドライスーツはウェットスーツよりも高価であり、着用する際には各種の専門的な装備が必要であるため、初心者やレクリエーションダイバーにとっては利用しづらい場合があります。また、着替える際の手間も多く、快適な動きが制限されることもあります。 総合的に見ると、ドライスーツが持つ保温性能や耐久性は非常に高く、水中での作業にも適しているため、プロのダイバーや潜水好きの方には選ばれることも増えているようです。しかし、用途によって着用するスーツを判断することが重要となっています。

    5. おすすめのドライスーツブランドと、選び方のポイント

    ダイビングにおいて、ドライスーツは必須アイテムの一つです。そんなドライスーツを選ぶ際には、ブランドの選択が重要になります。おすすめのドライスーツブランドとしては、TUSA、MOBBYS、Bism、WORLDDIVEが挙げられます。これらのブランドは高機能性と高品質で、長期間使用できることが特徴です。 また、ドライスーツを選ぶ際には、体格に合ったサイズを選ぶことが大切です。また、素材や厚み、シームの種類、防水性能なども比較することが重要です。さらに、ドライスーツが持つ特別な機能についても考慮することが重要です。例えば、内部の断熱素材の種類やフロントジッパーの形状などです。 ドライスーツは多額の投資になるため、長期間使用できるものを選ぶことが大切です。そのためには、体にフィットするサイズを選び、高品質で高機能なブランドを選ぶことが理想です。しっかりと比較検討をしたうえで、ドライスーツの購入をするようにしましょう。
    BIGBLUEではおすすめのスーツブランドが割引価格でご購入いただけます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。